VOICES

職員紹介

患者様の思いを大切に、患者様・スタッフから
信頼される看護師を目指しています

精神療養病棟 / 2020年入職

片渕 舞花

Katabuchi Maika

梅花女子大学 卒

 母親が看護師をしており、女性がこれから自立していくにも、また働き方の選択肢も多くあることに魅力を感じ、看護師を志す様になりました。
 精神科の領域実習の際、当院で実習させて貰いました。他の領域の実習ではバタバタと慌ただしくされているスタッフの方の姿が印象に残っていたのですが、この病院ではスタッフの方達がゆっくりと時間をかけて患者さんに向き合っている姿が印象に残りました。そして、自分もこの様に患者さん一人一人に丁寧に関わりたいなと思いました。
 また、病棟だけではなく、デイケアや地域の作業所にも実習に行く機会がありました。病棟で看護していたときの患者さんとは異なって、地域に戻って実際に生活されている患者さんは、ご自分の病状をしっかりと把握され、自分のペースで活動をされていました。地域で変わっていかれる患者さんの可能性に気づき、そのサポートが私にも出来ればと思いました。この実習でのこのような経験を経て精神科で働きたいと強く思うようになりました。
 わたしは、2年目になりましたが、まだまだ周りの先輩方から勉強する事ばかりです。今は、フィジカルアセスメントの知識も活かし丁寧に患者さんに関わっていければと思っています。
 アニメの聖地巡礼やイベント参加・某夢の国に行くことが趣味なのですが、ご時世的に趣味を謳歌できない日々が続いています。コロナが落ち着いてきたら今我慢している分、目いっぱい楽しみたいと思っています。

患者様の回復と、
共に歩む時間を大切にしています

精神科急性期治療病棟 / 2020年入職

増田 りほ

Masuda Riho

千里金蘭大学 卒

 精神科の看護実習をしたときに、患者さんとコミュニケーションを通じて看護を行うというところに興味を持ち、精神科で就職しようと思いました。しかし、身体的なケアの技術や一般科での知識があった方が良いのではないかと悩んだ時期がありました。そのため、学校の先生や友人に相談しましたが、一般科からスタートした方がいいという意見が多く、興味だけで精神科に入職するのは少し不安がありました。しかし、当院のインターンシップに参加すると、スタッフの方が患者さんに丁寧に対応されていたり、病棟の雰囲気がとても良かったこと、精神科であっても様々な身体的なケアの技術を身に付けるための院内外の研修があること等から当院に入職しようと決心することができました。今でも、精神科から入職したことを後悔していません。一般科か精神科で迷っている方がいれば、ぜひ当院のインターシップに来てみてください。
 これからも、患者さんと関わりながら、患者さんにとって治療や入院生活が社会復帰されるときの良い経験になるように、少しでもサポート出来たらいいなと思います。
 最近は、通勤のときに好きな音楽を聴くこと、たまにスカートで出勤することがちょっとした楽しみです。自分自身をセルフケアしながら、患者さんと向き合えるように、心身ともに健康であることが大切だと思います。

さまざまな視点から関わることができる
看護師を目指しています

精神科一般病棟 / 2020年入職

有重 ゆき乃

Arishige Yukino

梅花女子大学 卒

 私は当院で実習さていただく機会が二度あり、患者さんとの関わり方、会話の仕方、表情など看護師が行う一つ一つの細かな動作で、患者さんの症状が良くなることもあれば悪くなることもあると学びました。そのため、普段の生活で行う以上に丁寧で緻密なコミュニケーションに心がけています。私は元々人とのコミュニケーションに苦手意識があり、そんな自分を克服したいという考えがあったため、すべて意図的なコミュニケーションによるケアを行う看護師として、人としても成長したいと考え、精神科看護師を目指すことになりました。最終的に、スタッフが患者さんとの時間を大切にしている姿や当院のアットホームな環境が決め手で、新阿武山病院に就職を決めました。
 実際働いてみて、コミュニケーションを取ることが得意になったところまでは、現段階では到達できていませんが、苦手意識が無くなり、患者さんと話をするのが好きになりました。
 苦手なことを克服することは、私にとって大きなことです。これも当院のアットホームな環境と新人に対するフォロー・教育が整っていること、また教育体制がしっかりしているからだと思っています。
 今はコロナ禍で行けていませんが、旅行好きなので落ち着き次第、国内や以海外旅行に行きたいと考えています。今は宅でできる趣味探している途中です。

PAGE TOP